格安航空券はシーズンオフが狙い目

gazou-50

航空券の購入はシーズンオフが狙い目です。シーズンオフがあるというのは漠然と知っていても、具体的にいつなのか把握していない人も多く見られます。旅行業界でいうシーズンオフは一般的に1月末、2月、4月、11月などとなっています。これらの時期にも連休があることがあるので、連休をからめて旅行計画を立ててみるといいでしょう。

シーズンオフの特徴ですが「費用が安い」というのが大きな特徴です。シーズンを外すと最大半額程度で旅行することが可能です。その理由は航空券の価格にもありますが、ホテル側の都合もあります。ホテル側もシーズンオフは少しでも客員数を増やすために旅行会社あてに安い宿泊施設を提供しています。室料についてはホテル側が決めています。ホテル側が安価でチケット販売をすると当然ながらツアー代も安くなるわけです。

食事などについてはなかなか安くすることはできませんが、航空券代とホテル代は安くなります。旅行者についても少ないので、場合によってはガイドやオプションを安く手配してもらえるかもしれません。家族で旅行となると子供の学校のスケジュールも気になるところです。最近は昔と違って家族旅行で子供を休ませる家庭も増えています。

堂々と休めるとはいいませんが、そこまで肩身の狭い思いをして休むといった形でもありません。ただし学校へ行かなくなるとその分勉強の遅れも出ます。これは避けたいところです。どうカバーするか?についても考えなくてはいけません。

gazou-26
シーズンオフだからこそ航空券の最安値検索はスカイチケットが大変便利になっているのでこちらから一番安い航空券をさがしてみましょう。
▼管理人厳選サイト
航空券の最安値検索はスカイチケット

シーズンオフで安い航空券やホテルを予約ができたのは良しとして、旅行先では過酷ではないか?(気候も含む)といったことを確認することも大事です。東南アジアの場合、雨季があります。雨季についても地域によって激しさが異なり、雨季の間は日本のようにずっと湿気状態といった場所もあります。

また雨季の中でも暴雨季というものもあり、特にひどい状態もあります。このようにただチケットが安いかどうか?のチェックではなく、現地の天候についてもきちんと確認しておくことが大事です。

そうした状況をクリアできればシーズンオフのチケットほどお得なものはないので、早速旅行に繰り出しましょう!
シーズンオフはローシーズンでもあり、場合によってはお店がクローズしていることもあります。

自分の行きたいお店については営業を確認しておくことをおすすめします。確認しておけば確実です。
旅行前はいろいろ悩みもありますが、それさえ解決すれば楽しく快適な旅が実現できます。みなさんにとって素晴らしい旅行になることを願っております。

シーズンオフはチケット代が安価

航空券購入はシーズンオフを狙って購入するのがおすすめです。可能であればそれこそ2ヵ月前に航空券を予約したいところです。航空券についてもノウハウがあり、シーズンオフはキャンペーン価格が多く出ています。価格差ですがシーズン中の半額になることきもあるのでみておきましょう
シーズンといわれるのは主に3月、7月、8月です。さらに繁忙期はGW、お正月、お盆となっています。この時期を除いて旅行できればそれこそ安価で旅行が可能です。7月8月は夏休みの時期でもあり、学生たちが旅行する姿が多く見られます。その時期を外せば、想定よりさらに安価で旅行できる可能性があるわけです。

例えばパッケージツアーを利用するといった人もいることでしょう。アメリカニューヨーク行きを見てみると1月と2月は格安で旅行が可能です。この時期はホテルと航空券がついて安いときだと10万円くらいで旅行が可能です。10万円だと飛行機代のイメージではないでしょうか。それがホテルまでつくのですから、非常にうれしいプランです。ただしこの時期はもっとも寒い時期で、ニューヨークも凍えるほど寒い時期です。寒さが苦手な人はちょっと大変かもしれません。

また直行便だけではなく、経由便も探してみましょう。経由便は中国系や韓国系の航空会社が多く見られます。これらの航空会社を利用した場合、日本からまず中国か韓国へ向かいます。そこから米国に行くルートです。またチケットの種類によりますが、中国や韓国についてもオーバーストップできることがあり、観光することが可能なケースもあります。せっかくならこちらも観光したいところです。

ホテルのランクについても工夫すると安くなります。Aグレード、Bグレードなどグレードについても確認してみましょう。
ホテルについてはできれば良いホテルを抑えたいところです。飛行機での移動は長時間で疲れもけっこう出ます。グレードの高いホテルはゆっくりくつろぐのに最高の場所です。

格安ツアーの場合、Bグレード以下のホテルで契約しているケースが多くあります。理由は団体契約をすることでコストを削減しているためです。そのためホテルのグレードについてはあまり期待できません。
航空券をはじめ、予定についても上記を参考に調整してみるといいでしょう。このことを意外と知らずに旅行計画を立てている人も多く見られます。
リタイア後など時間に融通が利く人は、なおさらこうした時期を狙って旅行するといいでしょう。Lccが利用できれるのであれば片道ずつチケット購入することも可能です。これも上手に利用したいところです。

シーズンオフをチェックしよう

海外旅行についてはお金の準備も不可欠であり、何かと物入りです。できれば安価で旅行したいといった人も多いのではないでしょうか。そうした人はシーズンオフの航空券をチェックしてみるといいでしょう。シーズンオフの航空券は安価なものが多く見られます。

航空券にはルールがあり、早く予約すると安いものが多いのも特徴です。いわゆる「早割り」に該当するものです。予定の変更がきかないものも多いのですが、すでに予定が確定できそうならこうしたチケットを探してみるといいでしょう。

航空券についても割引を実施していますが、それ以外にも例えば30日前に予約したら1万円引き、60日前なら15000円引きなどお得なプランがけっこうあります。その他観光オプションつきなどのサービスを受けられる場合もあります。このように店舗側もお得な内容で販売していることもあるので、旅行代理店についても見てみるといいでしょう。

チケットについてはオークションを探すのも1つの手段です。オークションではJRなどをはじめとしたチケット販売をしていることがあります。回数券については特にねらい目です。有効期限が少ないものは安価で売られていることもあります。新幹線だけではなく、普通列車についても取り扱いがあるのでまずは見てみるといいでしょう。

旅行先では電車代も馬鹿になりません。1日乗りなど周遊チケットについても探してみることをおすすめします。特急についても指定席を購入できることもあります。
飛行機での移動もいいですが、たまには電車でゆっくり旅するのも良いかと思います。電車でゆっくり移動するといった場合は青春18切符もおすすめです。青春18切符を利用すれば、非常に安価で移動することが可能です。例えば青森-東京間が5千円程度で移動できる場合もあるのです。

5枚で1セット(11,150円)なので複数人で使うといった方法もあります。節約旅行としてもフル活用ができます。
期限がありますが、5枚1組で11,150円ですので、複数人でうまくプランを立てれば、かなりの節約になります。

また安価で旅行したい人向けに長距離バスがあります。長距離バスは最安値であることもあるので、ぜひ利用してみましょう。乗り換えもないので逆に楽だという人もいるほどです。座席についても広めのバスが多く見られます。疲れについても想像よりもたまらないものです。
旅行はさまざまなスタイルがあります。予算や体力と相談してプランを立ててみるといいでしょう。

シーズンオフはチケットが安い

「できれば安い航空券を探して海外旅行に行きたい」といった人も多いことでしょう。また仕事の関係上、休みが取りやすい人もいることと思います。そうした人は「シーズンオフ」に的を絞って旅行計画を立ててみてはどうでしょうか?

シーズンオフとはお盆やGW、お正月、そして旅行シーズンを除いた時期となります。具体的にいうと、1月下旬、2月、4月、6月、11月のあたりです。この時期は海外航空券も安いものが販売されます。もしアメリカに行きたいのであれば、11月・2月あたりが最安値のチケットが出やすい時期です。アメリカについては冬場は航空券代が安いことが多いです。

また「割引」についてもフル活用しましょう。割引になると航空券はもちろん、ホテル代も安くなります。東南アジアでは雨季があるところが多いです。雨季の場合、ホテル代が最大半額程度になることもあります。これは大変お得です。半額になるのはヒルトンなど5つ星ホテルも含まれています。ちょっとグレードアップして5つ星ホテルに宿泊してみるのも良いでしょう。旅行地としても人気のタイは高級リゾートホテルも安価です。さらに雨季はお得になっています。雨季といっても夕方1時間か
ら2時間程度スコールが降るだけなので、観光も可能です。綺麗な海を求める人でなければ至って問題はありません。

航空券については2ヵ月前までに予約することをおすすめします。これでさらに安価となります。航空会社のサイトから直接予約することで安価なチケットが手に入ります。これは大変お得です。まずはインターネットで価格をチェックしてみましょう。

航空券についてもキャンペーン商品はぜひ見つけ出したいところです。キャンペーン情報はお得なものが多く、早いもの勝ちとなっています。早めに航空券を抑えておくといいでしょう。早く予約するとその分割引率が高い席を予約することが可能です。ただしキャンセル不可などルールがあるので、その点は注意が必要です。
出発間際は席数が限られており、また高値になっているケースが多いです。事前の予約は不安もあるかもしれませんが、チケットの価格から見ても早めの予約が1番です。

またマイレージを集めているといった人もいることでしょう。マイレージはお得であり、無料で飛行機を利用できることもあります。お金を同じような感覚なので、集められる機会があればぜひ集めておきましょう。マイレージを無駄にしないためにもポイント加算についても確実に確認しましょう。

安く航空券を手に入れるには

海外旅行を検討している方ですでに会社の年間スケジュールが決定しており、スケジュールは大まか決定しているといった人もいることと思います。前もってスケジュールがわかっていれば行動もしやすいことでしょう。海外旅行は移動時間もかかるので、なるべく長めの休みに行きたいところです。候補についてもいくつか絞っておくといいでしょう。

ところで航空券は一体いつころ予約すると安いものが手に入るのでしょうか?海外の場合、「オフシーズン」を狙うと格安航空券が出ている可能性もあります。どのくらい安いのか?というとお盆やGWなどのピーク時と比較すると1/2以下というケースもあるほどです。つまり2倍以上の価格差があります。GWなどに旅行に出かけていた人も休みの取り方によっては年に1度の旅行が2度になることもあるわけです。

旅行業界の用語で言う繁忙期は3月、7月、8月の3回となっています。この時期は当然か価格もあがります。またその他GW、お盆、お正月についても高値です。3月に旅行代金が高くなる理由ですが、卒業旅行や有給消化をする人が多いことも理由の1つです。7月、8月は夏休みのためこれもまた旅行代金が高めとなっています。このあたりはまだいいのですがGW、お盆、お正月については通常の3倍以上の価格になることもあるので、できればこの時期を外した旅行がおすすめです。

では安い時期はいつか?というと1月後半から2月、4月、6月、11月半ばとなります。この時期の連休を絡めて旅行計画を立ててみてはどうでしょうか?
例えば2月は東南アジアがおすすめです。東南アジアは年中常夏なので日本とは対照的で夏モードを満喫できます。2月にオフシーズンというのはありがたい話でもあります。タイではベストシーズンであり、過ごしやすい気候となっています。ちょっと肌寒い日もあるほどです。

またアメリカに行きたい人は寒い時期は航空券が安価で販売されているので、そちらをチェックするといいでしょう。なぜ寒い時期は航空券が安価なのか?というと、
観光に適していないためです。日本同様、寒い時期は観光も大変です。

また直行便だけではなく、乗り継ぎ便もチェックしてみましょう。乗り継ぎ便は1万円ほど安価になっていることもあります。これおもお得です。時間に余裕がある人は乗り継ぎ便を利用して、乗り継ぎ先の街を観光するのもおすすめです。
JalやANAよりも海外の航空会社のほうがチケットも安価になりがちです。コスト削減の上でもこうした検討もおすすめとなっています。