シーズンオフはチケット代が安価

航空券購入はシーズンオフを狙って購入するのがおすすめです。可能であればそれこそ2ヵ月前に航空券を予約したいところです。航空券についてもノウハウがあり、シーズンオフはキャンペーン価格が多く出ています。価格差ですがシーズン中の半額になることきもあるのでみておきましょう
シーズンといわれるのは主に3月、7月、8月です。さらに繁忙期はGW、お正月、お盆となっています。この時期を除いて旅行できればそれこそ安価で旅行が可能です。7月8月は夏休みの時期でもあり、学生たちが旅行する姿が多く見られます。その時期を外せば、想定よりさらに安価で旅行できる可能性があるわけです。

例えばパッケージツアーを利用するといった人もいることでしょう。アメリカニューヨーク行きを見てみると1月と2月は格安で旅行が可能です。この時期はホテルと航空券がついて安いときだと10万円くらいで旅行が可能です。10万円だと飛行機代のイメージではないでしょうか。それがホテルまでつくのですから、非常にうれしいプランです。ただしこの時期はもっとも寒い時期で、ニューヨークも凍えるほど寒い時期です。寒さが苦手な人はちょっと大変かもしれません。

また直行便だけではなく、経由便も探してみましょう。経由便は中国系や韓国系の航空会社が多く見られます。これらの航空会社を利用した場合、日本からまず中国か韓国へ向かいます。そこから米国に行くルートです。またチケットの種類によりますが、中国や韓国についてもオーバーストップできることがあり、観光することが可能なケースもあります。せっかくならこちらも観光したいところです。

ホテルのランクについても工夫すると安くなります。Aグレード、Bグレードなどグレードについても確認してみましょう。
ホテルについてはできれば良いホテルを抑えたいところです。飛行機での移動は長時間で疲れもけっこう出ます。グレードの高いホテルはゆっくりくつろぐのに最高の場所です。

格安ツアーの場合、Bグレード以下のホテルで契約しているケースが多くあります。理由は団体契約をすることでコストを削減しているためです。そのためホテルのグレードについてはあまり期待できません。
航空券をはじめ、予定についても上記を参考に調整してみるといいでしょう。このことを意外と知らずに旅行計画を立てている人も多く見られます。
リタイア後など時間に融通が利く人は、なおさらこうした時期を狙って旅行するといいでしょう。Lccが利用できれるのであれば片道ずつチケット購入することも可能です。これも上手に利用したいところです。