安く航空券を手に入れるには

海外旅行を検討している方ですでに会社の年間スケジュールが決定しており、スケジュールは大まか決定しているといった人もいることと思います。前もってスケジュールがわかっていれば行動もしやすいことでしょう。海外旅行は移動時間もかかるので、なるべく長めの休みに行きたいところです。候補についてもいくつか絞っておくといいでしょう。

ところで航空券は一体いつころ予約すると安いものが手に入るのでしょうか?海外の場合、「オフシーズン」を狙うと格安航空券が出ている可能性もあります。どのくらい安いのか?というとお盆やGWなどのピーク時と比較すると1/2以下というケースもあるほどです。つまり2倍以上の価格差があります。GWなどに旅行に出かけていた人も休みの取り方によっては年に1度の旅行が2度になることもあるわけです。

旅行業界の用語で言う繁忙期は3月、7月、8月の3回となっています。この時期は当然か価格もあがります。またその他GW、お盆、お正月についても高値です。3月に旅行代金が高くなる理由ですが、卒業旅行や有給消化をする人が多いことも理由の1つです。7月、8月は夏休みのためこれもまた旅行代金が高めとなっています。このあたりはまだいいのですがGW、お盆、お正月については通常の3倍以上の価格になることもあるので、できればこの時期を外した旅行がおすすめです。

では安い時期はいつか?というと1月後半から2月、4月、6月、11月半ばとなります。この時期の連休を絡めて旅行計画を立ててみてはどうでしょうか?
例えば2月は東南アジアがおすすめです。東南アジアは年中常夏なので日本とは対照的で夏モードを満喫できます。2月にオフシーズンというのはありがたい話でもあります。タイではベストシーズンであり、過ごしやすい気候となっています。ちょっと肌寒い日もあるほどです。

またアメリカに行きたい人は寒い時期は航空券が安価で販売されているので、そちらをチェックするといいでしょう。なぜ寒い時期は航空券が安価なのか?というと、
観光に適していないためです。日本同様、寒い時期は観光も大変です。

また直行便だけではなく、乗り継ぎ便もチェックしてみましょう。乗り継ぎ便は1万円ほど安価になっていることもあります。これおもお得です。時間に余裕がある人は乗り継ぎ便を利用して、乗り継ぎ先の街を観光するのもおすすめです。
JalやANAよりも海外の航空会社のほうがチケットも安価になりがちです。コスト削減の上でもこうした検討もおすすめとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です